大切な我が家のおじいちゃん犬なのですが…

我が家にいるコリー犬は14歳のおじいちゃん犬です。
おっとりで可愛いのですが、最近は時間の感覚が狂ってしまうことがあるようで困っています。

というのは、このおじいちゃん犬は外飼いで、朝の7時と夕方の5時に散歩をする生活習慣があります。 その度に決められた量のドッグフードを食べるので、あげています。

夏場やお天気が良い時にはまったく問題ありませんが、お天気が悪くて薄暗くなってしまう時、特に冬場の間は「そろそろ散歩の時間だよねー」と催促する為に鳴きます。

散歩に行きたい、お腹が空いたと考えてしまうと止まらなくなるようで、もう狂ったように鳴くので困りもので、我が家は歴とした住宅街に住んでいるので、犬が大音量で鳴くとご近所迷惑になります。

暫くの間は「まだ時間じゃないんだよ」となだめて、撫でたりして誤魔化すのですが、段々とエスカレートして泣き止まなくなってしまいます。

ついには「少し早いけど」と散歩に連れていって、解決しています。

あまり早目のご飯にして生活のリズムが崩れるのも困るので、そういった時の散歩は長めにして対応しなくてはなりません。

だから、そうやって時間調整が簡単にできるときにはいいのですが、外出予定があり、うっかり帰宅時間が散歩スタート時間に迫ってくると本当に焦ります。

曇っていたら「ご近所に申し訳ない」と冷や汗を掻いてしまうほど。

もちろん、我が家のご近所で犬のことで面と向かって文句を言う人はいません。 でもだからこそ、迷惑を掛けられないなあと思うのであります。

小さい時にはそんなことはなく、辛抱強く家族が散歩のリードを持ってくるまで静かに待っていました。 もしかすると歳を取ったことで時間の感覚がずれてしまって、こんなふうになっていることも考えられるのではないかと思います。

苦肉の策で、犬小屋に壁掛け時計を付けてみましたが、結果は無意味でした。

それ以外はまだまだ元気でなんの問題もないおじいちゃん犬です。

お願いだから、ご近所から後ろ指を指されることのないようにしてくれると飼い主としても安心なんだけど。 時間に関する躾け方などの情報には巡り合えておらず、大切な我が家の一員なので愛情がある分本当に困っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください