これからはプログラミングは学んでおいたほうがいい

会社でWeb関連のホームページ作成の業務が入ってきて、対応できるのが自分だけだったので、HTML,CSS,JavaScript,PHPを使って対応することができました。

最近は、Web系の言語(JavaScript,PHP,Pythonなど)が人気があり、これらを習得しておくと、プログラミングの基礎(逐次実行、条件、繰り返し、関数、配列)などを自由に使いこなせるようになると、仕事ができることがアドバンテージになると思います。

エンジニアとしてやっていくのもいいですし、趣味やちょっとした業務でおこなうのもいいです、今は、副業もできる時代なので覚えておいて損はしないでしょう。

プログラミングの基礎的な部分は、どの言語も同じような文法を採用している場合が多いので、1つのプログラミング言語を極めると、その他の多様な言語に応用が効くことがあります。

プログラミングを学ぶときは、文法だけでなくロジックやアルゴリズムなどに注意して学習すると良いでしょう。

プログラムライティングだけでなくリーディングも積極的に行うこともおすすめします。

基本的な文法を極めつつ、様々な練習プログラムを作って、読んでといったことを繰り返していけば、自分のアイデアをコンピューター上で実現できることがプログラミングの魅力でもあります。

わからなくなったら、インターネット上のブログなどの記事で紹介されているものを学習したり、専門サイトなどで質問をしてみてもいいでしょう。

まずは、第一歩としてなにかプログラミング言語を極めて見るのはいかがでしょうか?

独学で難しいと思う方はプログラミング教室で学んでみるのも一つの手だと思います。プログラミングスクールはわからないことがあれば、メンターに質問ができすぐに解決ができるので効率的に学習することができるでしょう。

今やプログラミングはビジネススキルのひとつになりつつあります。

若いうちに習得しておくと後々楽になるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください