なにかと病欠な実家の犬をトリミングしてあげている。

私の実家に私が小さいときから飼っている犬の「クン」がいます。クンはパグのオス犬です。

結婚して実家を出たのですが、実家を出る前から今現在でも悩んでいるクンのトラブルがあります。

それは「耳のにおい」です。パグで耳が立たない犬種なのでどうしても耳の中に湿気がたまり、耳がかゆくなります。くんは爪で耳を掻くのですが、それで耳を傷つけてしまい、さらに耳の状態が悪くなってしまっているんです。

そうしてその時の耳のにおいがなんとも言えない悪臭で、家族皆で頭を悩ませていました。

今は病院に行って耳に数滴たらすお薬をもらってきています。そのお薬をするとにおいは少しはやわらぐのですが、傷にしみてしまうのか、くんはすぐにまた爪で耳を引っ掻いてしまいます。

結果傷はずっと治らないままで、完治するまではいきませんでした。いまはガーゼや綿棒で綺麗にしてあげて、お薬をたらし、爪で掻いていたら抱っこして意識をそらせるようにしています。

また「目ヤニ」も悩みです。パグは目がぎょろっとしています。しかし鼻が低いため、いろいろな動作で目に刺激が加わってしまいます。
くんも目が大きいため、散歩中くさむらの中に入るときに草で目を傷つけてしまい、いつも目ヤニをつけていました。これも病院に行き、お薬を処方してもらいました。

濡れた清浄綿で散歩後には必ず目の周りをふくようにしています。

最後に「医療費」です。

 

実はくんは目と耳だけでなく、心臓も悪く、発作が起きるたびに病院にかかっていました。私たち家族はペット保険などに入っていなかったため、薬代や治療費がかなりの金額がかかってしまいました。

現在は目・耳・心臓ともに症状が落ち着いてきたので、前ほど病院のお世話になっていないので助かっています。しかし今後もし犬を飼うとすれば、お金の問題で治療をあきらめることはしたくないので、必ずペット保険に加入してあげようと思います。

このような状態なのでトリミングサロンでカットをしてあげることが難しくなってしまったので、私がトリミングを覚えて今はくんの毛をカットして上げています。

ある方法で覚えたのでトリミングの腕前はかなりの自信があります。

トリミングを覚えるきっかけをつくってくれたサイトがこちら

http://xn--n8j2lnc9d7bxc1288bseeh66az9g.com/

このサイトに出会わなければこうしてくんのトリミングをしてあげることができなかったでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください